『モブサイコ100』名言5選【モブのかっこよすぎるセリフ見て3期に備えよう】

モブサイコ100三期キービジュアル

引用:「TVアニメ『モブサイコ100』公式サイト

こんにちは、アニメ大好き25年のたかよりと申します。

今回ご紹介するアニメは2016年に1期か放送され、現在3期制作が決定している『モブサイコ100』です!

今回のお悩み

モブサイコの「モブのかっこいい名言」で盛り上がれる場所ないかな…

なんでモブサイコは絵の癖が強いのに、面白くてハマっちゃうんだろう?

この記事は、こんな悩みや疑問にお答えします。

本記事の内容

・『モブサイコ100』名言5選【モブのかっこよすぎるセリフを抜粋】

・『モブサイコ100』面白くてハマっちゃう理由3つ【考察】

モブサイコ100の名言と言えば霊幻のセリフが注目されがちですが、モブにもかっこいいセリフがたくさんあるんです。

今回はそんなモブの名言に注目して、記事をまとめていきます!

原作のファンで、ドラマも勢いで観たけど酷い出来に激怒したモブサイコ愛に溢れる私が、ご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

注意
以降は、ネタバレが含まれています。ご注意下さい。

『モブサイコ100』名言5選【モブのかっこよすぎるセリフを抜粋】

モブ戦闘モード

引用:「TVアニメ『モブサイコ100』公式サイト

モブのセリフはモブサイコの名言の中でも純粋で、真っすぐなセリフが多くあります。

その中でもカッコよく、惚れてしまうようなセリフを以下の5つ厳選しました!

茂夫の名言5選

① モブサイコⅠ 5話 【他の魅力を探すんだ】

② モブサイコⅡ 1話 【大事なモノは拾うんだ】

③ モブサイコⅡ 5話 【人を生かすんだ!】

④ モブサイコⅡ 7話 【いい奴だ】

⑤ モブサイコⅡ 13話 【主役は僕だから】

1つずつどんな時の言葉なのか詳しく見ていきましょう!

① モブサイコⅠ 5話 【他の魅力を探すんだ】

とにかく、ケンカには使わない。それに、僕は超能力に頼った生き方はしたくない。自分の中の、他の魅力を探すんだ

花沢くんとの戦闘回でエクボが戦えとモブを煽った時に、かたくなに戦うことを拒否したモブが言ったセリフです。

自分の信念を貫く、モブの一貫性がかっこいいシーンです。

このモブのキャラクターと一貫した考え方が『モブサイコ100』の一番、魅力的な部分だと思います。

戦えば一瞬で決着が着きますが、戦う意思を見せず一方的にやられてしまうモブ…2人の戦いは一体どうやって終結するのか…もう一度アニメを観直しましょう。

② モブサイコⅡ 1話 【大事なモノは拾うんだ】

僕はこれがゴミだなんて思わない。捨てるくらいなら僕がもらう。自分の気持ちは、大事にすることにしたから……大事なものは拾うんだ

掴みが完璧な2期の第1話でした。

モブの優しさが溢れており、全話数の中でも地味にベスト3に入る神回だと思います。

小説を書くのが好きな女の子(エミ)の原稿を、いじめっ子女子達が河川敷でビリビリに破いてケラケラ笑っていたところに、モブが来て紙片を1つ1つ拾い集めながら言った言葉です…。

自分が本当に好きなことを、周りの人の意見に合わせて諦めたり、捨ててしまったことはありませんか?

それによって、心のどこかに後悔を残している人、モヤモヤしている人には、ぜひ観て欲しい回です。

Aパートはギャグが多めですが、まさかBパートでこんなに心を震わせる話が始まるとは…。

この回は本当に素敵な話なので、一度観始めたら最終話まで一気に観てしまうこと間違いありません。

個人的に、この話はモブが超能力を使うタイミングがお気に入りです。

③ モブサイコⅡ 5話 【人を生かすんだ!】

何ひとつ人の役に立たないと思ってたこの力で……人を生かすんだ!

モブサイコの名戦闘シーンの1つでもある最上啓示(もがみけいじ)戦でのセリフです。

モブも最上も最強の力持った者同士ですが、モブは人に恵まれ、最上は恵まれませんでした。

光と影の対比が分かりやすく描かれた名戦闘回です。

「勇気」の感情100%で満たされた超絶イケメンモブが印象的で、常時このモブなら筋肉は必要ないですね…。

激しい戦闘においても「人を救うために力を惜しみなく発揮する」という、モブの信念と優しさが溢れているこの回が、お気に入りの人も多いのではないでしょうか。

④ モブサイコⅡ 7話 【いい奴だ】

そんなの知ってましたよ、最初から。僕の、師匠の正体は……いい奴だ

霊幻とモブの師弟関係を超えた友情が魅力の回です。

この回の終盤で、霊幻はモブに対してケンカの謝罪と自分がインチキだったことを明かします。

しかしモブは、霊幻に力なんて無いことは知っていて、超能力を利用されていることも分かっていました。

普段はインチキ野郎でも、誰かが困った時には話を聞き、助けることができる霊幻の本質を、モブはリスペクトしていたのです。

このモブのセリフで、霊幻と共に感極まった人も多いのではないでしょうか。

⑤ モブサイコⅡ13話 【主役は僕だから】

力を持ってるだけじゃ、上手くいかないよ。でも、それでいいんだ
大事な部分を、自分で選んで生きてさえいれば。僕の人生の主役は僕だから

最終回の終盤で力が暴走し、自爆寸前の爪のボス(鈴木統一郎)に語り掛けたモブの言葉です。

「人間の本質は超能力や圧倒的な力じゃない、人間味にあるんだ」という霊幻からの教えを一貫してきたモブの考えが集約されたセリフでした。

どんなに嫌いな奴でも見捨てないモブの優しさは、主人公すぎて完璧です…。

戦闘シーンもド迫力で、最上線とはまた違った魅力が詰っているので、ぜひ3期が始まる前に観直したいですね。

『モブサイコ100』面白くてハマっちゃう理由3つ【考察】

モブサイコ100キービジュアル

引用:「TVアニメ『モブサイコ100』公式サイト

モブサイコがなぜこんなに面白いのか、それは以下の3つの要素が見事に融合し、表現されたアニメだからです。

面白くてハマっちゃう3つの理由

原作者ONE先生の作風

制作会社とスタッフの実力

注目すべきは超能力よりも人間力

今まで観てきた他の主人公最強異能バトル系アニメにはない、魅力がモブサイコ100にはあります。

それはSFアクション要素よりも、モブを含め色々なキャラの成長が描かれているためです。

なのでSFやバトルモノが苦手な方にもモブサイコはオススメできますし、是非ご覧いただきたいアニメです。

ここからモブサイコにハマってしまう3つの理由について、考察も踏まえてご紹介します。

原作者ONE先生の作風

モブサイコ100ONEイラスト

引用:「裏サンデー公式サイト

ONE先生は普通のおれつえー漫画とは一味違う作風が特徴的です。

その違いとは『ワンパンマン』と『モブサイコ100』どちらも最強の主人公が悩みや苦悩を抱えているところにあります。

『ワンパンマン』は、最強故にどんな戦いでも満たされず、世界がどんな危機を迎えようが、サイタマにとっては些細なことで、常に虚しさを覚えています。

『モブサイコ100』は、どんなに強大な力を持っていても超能力だけでは、本当にモブが望むモノは決して手に入りません。

この様にONE先生の描くおれつえー漫画は、多作とは差別化されており、この要素によって生まれる人間ドラマが最大の魅力です。

因みにONE先生はWeb漫画出身でアシスタント経験が無く、模写もしたことが無いとのこと、いわゆる天才というやつですね…。

制作会社とスタッフの実力

ふり返るモブ

引用:「TVアニメ『モブサイコ100』公式サイト

ONE先生が描く世界観を、ハイクオリティでアニメ化してくれている、制作会社とスタッフをご紹介します。

◆制作会社
他代表作:
◆ボンズ
鋼の錬金術師(2003年~)

エウレカセブン(2005年)
僕のヒーローアカデミア(2016年~)
◆監督
他代表作:
◆立川譲 ※3期から総監督
名探偵コナン ゼロの執行人
デカダンス
◆シリーズ構成(脚本監督)
他代表作:
◆瀬古浩司
呪術廻戦
進撃の巨人 The Final Season

ボンズはサンライズから派生したアニメ制作会社で、その歴史は20年を超えます。

独特の世界観とオシャレでカラフリーな表現が多く、戦闘シーンを描かせたら一級品のアニメ制作会社です。

モブサイコも、モブが超能力を使用する時のキラキラ光る演出や、OPムービーのハイセンスな演出はボンズの個性がよく表れています。

監督の立川さんは監督作品こそ少ないですが、絵コンテ/演出の方では『進撃の巨人』や『キルラキル』『いぬやしき』といった戦闘が魅力的な作品を数多く手掛けています。

シリーズ構成の瀬古さんに関しては、今世間を沸かせている2つのアニメでシリーズ構成を担当されています。

この様に戦闘要素や独特の世界観を持つアニメを作らせたら、一級品の仕事をする制作会社とスタッフがタッグを組んでいます。

よって、ONE先生が創るバトルだけど人間ドラマもある作品の世界観を、完璧にアニメ化することができたのです。

注目すべきは超能力よりも人間力

走るモブ

引用:「TVアニメ『モブサイコ100』公式サイト

ここまでで、だいぶお話してきましたが『モブサイコ100』の真の魅力は「超能力アクションではなく人間力ドラマ」にあります。

モブの苦悩や信念、霊幻の挫折や教え、その他にも弟のリツや花沢君など数多くのキャラクター達に様々なドラマがあり、アニメではそれらが丁寧に描かれています。

ここが他の主人公最強系作品と違う部分であり、モブサイコが持つ他のアニメにない魅力です。

なろう系の主人公最強作品も魅力的な作品は多いですが、モブサイコの様な作品を観れば、アニメを楽しむ視野が広がることでしょう。

ぜひ3期が始まる前に、戦闘シーンは勿論ですが、描かれる人間ドラマにも注目しながら『モブサイコ100』の1期と2期を観直したいですね!

まとめ【モブサイコの真の魅力は超能力にあらず】

いかがだったでしょうか?

今回厳選した5つの名言の中にアナタの好きなモブのセリフはありましたか?

『モブサイコ100』は3期の制作も決定しており、まだまだ勢いのある作品です。

3期に向けて1期と2期をもう一度観直したいな…と思った方は、何度観ても面白い作品なので、ぜひ観直しましょう!

以上、『モブサイコ100』名言5選【モブのかっこよすぎるセリフを抜粋】を読んでいただきありがとうございました!

ありがとうございました!
感想など気軽にコメントください ♪

たかより

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA