『とらドラ!』名言5選【切ない失恋シーンを抜粋してみた】


こんにちは、アニメ大好き25年のたかよりと申します。

今回ご紹介する作品はラブコメの王道、2008年に放送されたアニメ『とらドラ!』です。

今回のお悩み

とらドラ!の「恋愛の切ないシーン」が好きな共感できる人いないかな…。

なんで、とらドラ!ってあんなに良い名言・名シーンが多いんだろう?

この記事は、こんな悩み・疑問にお答えします。

本記事の内容

・『とらドラ!』名言5選【切ない失恋シーンを抜粋】

・『とらドラ!』のシーンや台詞が記憶に残る理由3つ【考察】

10年以上前の作品なので、一緒にこの話題で盛り上がれる人って少ないですよね。

そんな方向けに、原作ラノベと漫画も、すべて読破済みの大ファンである私が『とらドラ!』を語る上で欠かせない、恋愛の切ないシーンを5つまとめました。

ぜひ最後までご覧ください。

注意
以降は、ネタバレが含まれています。ご注意下さい。

『とらドラ!』名言5選【恋愛の切ないシーンを抜粋】

とらドラ!_タイトル

引用:「dアニメストア」

厳選した5つのシーンが第何話か整理しました。

切ないシーン5つの放送話数

① 16話 「踏み出す一歩」【北村の失恋】

② 18話 「もみの木の下で」【亜美の本音】

③ 19話 「聖夜祭」【竜児への想いに気づく大河】

④ 21話 「どうしたって」【大河の好きな人は…】

⑤ 24話 「告白」【美乃梨のケジメ】

失恋シーンの魅力が溢れるラブコメは名作になる。

『とらドラ!』はまさに、それを体現しています。

以降で、この5つのシーンの台詞をメインにご紹介していきます。

① 16話 「踏み出す一歩」【すみれの本心】

すみれ先輩

引用:「dアニメストア」

てめえに私の何が分かる!? てめえみてえな単純バカになれるんだったらなりたいよ! 真っ直ぐ突っ走るだけのバカになれたらって思うよ!

好きなんて言ったら、あのバカは私に着いてこようとするじゃねえか! 私がそうして欲しいって分かったら、私のためにそうするだろうが!

いろんなもんを犠牲にして、あいつはそういう奴だ。だから……だから私はバカになれない!

このシーンは大河との戦闘シーンが印象的ですね。

アメリカ留学する自分に、北村を巻き込まないよう告白をはぐらかし、逃げることを選択したすみれ先輩の本当の心の叫びが、この台詞に詰まっていました。

すみれ先輩が本気で北村を想う気持ちが、感じられる印象的なシーンです。

大切な人を想う気持ちは同じでも、衝突した大河とすみれ、若者の痛々しく切ない青春ドラマは今観ても、感動すること間違いなしです。

② 18話 「もみの木の下で」【亜美の本音】

考え込む亜美

引用:「dアニメストア」

きっと最初から間違ってたのよ。大ケガするまえに目を覚ましたら。全部チャラにして、一から始めればいいじゃん。それで……あたしのことも、一から入れてよ

体育倉庫で竜児に対して亜美ちゃんが漏らした本音です。(竜児には聞こえませんでしたが…)

3人の輪に入れない自分や、竜児が振り向いてくれないことへの“不満”。

この関係のままでは、大切な友達が皆傷ついてしまうという“不安”。

2つの感情が自分でも整理できていない亜美ちゃんの、モヤモヤとした気持ちが描かれていました。

亜美ちゃんを応援したい気持ちが溢れるシーンです。

③ 19話 「聖夜祭」【竜児への想いに気づく大河】

クリスマスの大河

引用:「dアニメストア」

つまり二人は両想いって事。

そうしたら、私はもう竜児の隣にはいられない…竜児の横を歩いちゃいけない…竜児の傍にいるのは私じゃない…それが………嫌……なんだ…

とらドラを語る上で欠かせないシーンです。

竜児と美乃梨、2人を想う気持ちは本物なのに、竜児が居なくなってから気が付く自分の本当の気持ち。

声にならない声で「竜児」と叫ぶ大河のシーンに、当時涙した視聴者も多いのではないでしょうか。

この記事のテーマでもある「切なさ」の中でも特に、このシーンは印象に残っているシーンですね。

④ 21話 「どうしたって」【大河の好きな人は…】

スキー中の大河

引用:「dアニメストア」

北村君!?

竜児かと思った、こんなとき助けに来るのは。絶対竜児だってごめん、ごめんね、北村君。

あのさ、ご利益ないね、失恋大明神。お願いしたこと、全然かなわないんだもんこの気持ち全部消して私を強くしてって。ダメだよ全然、どうしたって…竜児のことが好きなんだもん

このシーンも『とらドラ!』を語る上で欠かせない重要なシーンです。

スキー教室で遭難した大河を竜児が発見し、背負って宿まで戻ろうとしていました。

途中で大河は目を覚まし、意識がもうろうとする中で竜児を北村と勘違いして、竜児本人に意図せずに竜児が好きだと伝えてしまうシーンです。

この時の「竜児のことが好きなんだもん」からのED「オレンジ」の入り方が完璧すぎて、当時悶えた視聴者も多いはず。

大河の切ない本音を不意に聞いてしまった竜児が、その後どうするのかにも注目です。

⑤ 24話 「告白」【美乃梨のケジメ】

晴れやかな美乃梨

引用:「dアニメストア」

私ね、見えてること、もう一つあるよ。高須くんは大河が好き
よし!高須くん、ジャイアント、さらば。見えてるものに、走り出せ!

幽霊なんか見えなくていい、大河が幸せなら竜児を諦める、そう言い聞かせて自分の本音を隠し続けた美乃梨が最後に、竜児に告白して大河を追いかけろと鼓舞するシーンです。

この時、竜児の唇に自分の拳を当てて、竜児が去った後、自分の唇に拳をあてがうシーンはとても印象的で素晴らしい演出でした。

竜児、大河、美乃梨の三角関係に終止符を打ったこの台詞は『とらドラ!』の青春描写に、とてもふさわしい言葉だったと思います。

みのりんの晴れやかな顔が久々に見られてよかった…。

視聴者が『とらドラ!』に惹かれる理由3つ【考察】

次に、なぜ『とらドラ!』はこんなにラブコメとしての完成度が高く、世間の評価も高いのかを3つの観点から考察していきます。

その3つのポイントとは、

とらドラ!が評価される3つの理由

① 原作の実績と完成度

② 違和感のない長文の語り

③ “監督”と“シリーズ構成”の実績

となります。1つ1つを詳しく見ていきましょう。

原作の実績と完成度

電撃文庫_25周年

引用:「電撃文庫25周年公式サイト」

◆原作
他代表作:
◆電撃文庫
とあるシリーズ
ソードアートオンライン
魔法科高校の劣等生
◆作者
他代表作:
◆竹宮ゆゆこ
ゴールデンタイム
◆イラスト
他代表作:
◆ヤス
迷い猫オーバーラン
じょしらく

原作のライトノベルが素晴らしい作品だったことが1つ大きい理由です。

『とらドラ!』はシリーズ累計500万部を突破しており、当時の「このライトノベルがすごい!」2007~2009年に3年連続で入賞し、3年目には2位にランクインしました。

当時、私も20タイトル以上、様々なラノベを読んでいましたが、『とらドラ!』はラブコメ作品の中で頭一つ抜き出ていた印象です。

活字が大丈夫な方であれば、ぜひ原作のラノベも素晴らしい作品なので読んでみましょう。

違和感のない長文の語り

亜美ちゃんドヤ顔

引用:「dアニメストア」

『とらドラ!』は長めの台詞が多いのですが、恥ずかしさが無く、視聴者の心にッスと沁み込む演出・表現が多いのです。

他のラブコメだとたまに、見ているこっちが恥ずかしくなってくるような作品は結構見受けられます。

しかし『とらドラ!』に関しては、この後ご紹介するスタッフの完璧な演出と、声優陣の力量の高さがアニメで存分に発揮されています。

声優陣はメインヒロイン3人が釘宮さん、堀江さん、喜多村さんという、今でも活躍されている方々が務め、人気実力とも間違いのない布陣です。

長めの台詞でも違和感なく、ッスと心に沁み込む演出・表現が『とらドラ!』をラブコメの王道に押し上げている理由なんだと思います。

“監督”と“シリーズ構成”の実績

引用:「J.C.STAFF オフィシャルホームページ」

◆制作会社
他代表作:
◆J.C.STAFF
とあるシリーズ
バクマン。
藍より青し
◆監督
他代表作:
◆長井龍雪
あの花
心が叫びたがってるんだ。
空の青さを知る人よ
◆シリーズ構成(脚本監督)
他代表作:
◆岡田麿里
さくら荘のペットな彼女
GOSICK -ゴシック-
花咲くいろは

制作会社を始め、物語のシナリオに関わるスタッフの実績と力量が高いことが『とらドラ!』が評価される理由の一つだと思います。

他代表作を見ると、恋愛要素はありますが、ただのラブコメではなく、キャラの苦悩や成長が表現されているヒューマンドラマ作品が多いですよね。

『とらドラ!』もただの恋愛活劇で終わらなかった理由はこういったスタッフ達の作品作りへの姿勢が大きな理由なんだと思います。

ぜひ、ここで上げた他代表作の中にまだ観ていない作品がありましたら、全部ご覧になって観て下さい。

スタッフの実力の高さは『とらドラ!』という名作以外にも存分に発揮されています。

以上が、とらドラ!に惹かれる理由3つでした!

どうでしょうか?ぜひ皆さんのご意見も聞かせてください^^

まとめ【とらドラ!は最高のラブコメです】

いかがだったでしょうか?

今回厳選した5つの『とらドラ!』の切ないシーン・名言の中にアナタの好きなシーンはありましたか?

『とらドラ!』は放送から10年以上の時間が経ちましたが、作風・クオリティ共に今のアニメに全く劣っていません。

もう一度見てみたいな…と感じた方は、ぜひアニメ『とらドラ!』を見直しましょう!

以上、『とらドラ!』名言5選【切ない失恋シーンを抜粋してみた】を読んでいただきありがとうございました!

ありがとうございました!
感想などお気軽にコメントください ♪

たかより

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA